ねずみ駆除は習性を熟知し経験豊富な業者へ依頼する

ねずみ駆除は習性を熟知し経験豊富な業者へ依頼する

subpage01

ねずみは本来、平野部や山間に住んでいた動物ですが、賢い面もあり、人間の生活する地域であれば、エサに困らず暖かな住居を得られることを学習し、住宅地での繁殖を繰り返しています。

日本では、主に「クマねずみ」「ドブねずみ」「ハツカねずみ」の3種類が生息しており、中でも大部分は「クマねずみ」が占めるほどです。体長は約5〜10cm程度あり、尻尾を含めると約2倍になります。

ネズミの駆除の情報はこちらです。

体重は500〜900g程度で器用な前足と強靭な後ろ足を使ってとても素早く走り回ることができます。
一年を通して活動し、出産は一度に6〜9匹程度産むため、早い段階で増えて行きます。
ねずみは雑食性であるため、人間が食べる食材にも手を出します。夜行性で人間が寝静まっている時に出てきて動き回るわけです。


この際、尿やフンをまき散らすほか、身体に付いた病原菌なども残して行くため、知らず知らずのうちに人間が感染症などに罹ってしまう可能性も増えてくるのです。



ねずみの排せつ物やかじり跡、壁などに付いた黒ずみをねずみの痕跡(ラットサイン)と言います。

ラットサインが見つかった場合には、早めのねずみ駆除を行う必要が出てくるのです。
ねずみ駆除を行う際のポピュラーな方法は、捕獲かごや粘着シート、殺鼠剤などです。


店舗で購入できるため、多くの人が自分でねずみ駆除に取り組んでいると思いますが、始めに述べたようにねずみは賢い動物ですので、普段と違う罠が仕掛けられていると警戒して出て来なくなってしまいます。
習性を理解し経験豊富な専門業者に依頼することが確実な方法になります。



害獣駆除の大人の常識

subpage02

家の中にねずみがいるなんて考えたくもありませんが、万が一ねずみが棲みついているとしたら一刻も早く駆除したいと思うのは当然のことです。ねずみ駆除にはいくつかの方法がありますが、時間がかからないやり方を選択するのならば、プロの業者に依頼するのが1番の近道となるでしょう。...

NEXT

害獣駆除の知っておきたい情報

subpage03

ねずみ駆除というのは、できるだけ早めにしっかりと行うことが大切です。ねずみは人間に対して様々な悪影響を及ぼす生き物であり、あちこちをかじって家を傷つけてしまったり、電源コードや配線をかじればショートをして故障や火災の原因になってしまいます。...

NEXT

害獣駆除の身になる知識

subpage04

ネズミがいる気配を感じた時はショックを受けられることでしょう。まさか自分の大切な家にネズミが入り込むとはとショックを受けていても何も対策をしないようではあっという間に増えてしまいます。...

NEXT

害獣駆除の皆が知りたい情報

subpage04

ネズミ退治というと専門の業者に依頼しないといけないと思っている人も多いかもしれませんが、ホームセンターなどで販売されているネズミ退治グッズを利用して、自分でも退治することができます。ネズミ退治の方法としてもっともポピュラーなものに、粘着テープがあります。...

NEXT